スワップ取引を学ぼう

スワップ取引とは

スワップ取引を学ぼう header image 2

クーポンスワップとは

2014年11月27日 · コメント(0) · 未分類

クーポンスワップとは、異なる通貨における、金利変動リスクに対するヘッジと管理の仕組みで、車04
いわゆる、通貨スワップとよばれるものの一種になります。

 
通貨スワップとの違いは、利息だけを交換して元本交換をしないことです。
通常は、輸出入を頻繁に行う企業などが、金利の変動リスクを回避する為に利用されています。
その仕組みですが、通貨スワップと同じように、実際にスワップする通貨の金利差による理論価格割り出し、
それを元に計算された想定元本を使い、一定の利息のレートを導き出します。

 
例えば、期間が3年間で毎月10万米ドルを交換して理論価格が1米ドル95円で現在のレート102円だった場合、
この取引を行うと現在1米ドル102円なのですが95円で交換でき、毎月70万円の得になります。

 
しかし、もし円高になった場合は、1米ドルが90円になると毎月50万の損になります。
更に、この契約に対してレバレッジをかける場合もあり、そういった取引の場合は実需でのヘッジ目的ではなく、
積極的に為替変動をに差益を狙った、投機的な取引になる場合がほとんどです。
実需で利用する場合は為替先物取引とほぼ同じですが、こちらの方がより長い期間の契約になります。

 

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。