スワップ取引を学ぼう

スワップ取引とは

スワップ取引を学ぼう header image 2

変動金利建て借入れのメリットデメリット

2014年11月27日 · コメント(0) · 未分類

車03

 

変動金利建て借入れは借入の基本的な方法の一つですが、これは金利が市場の動向によって変化するというものを指します。愚痴的にはどのようにいて決まるのかというと、銀行は短期プライムレートを決定します。短期プライムレートに対して、いくら上乗せするのかというようにして決めるのが基本的な方法となります。この短期プライムレートはどのようにして決まるのかというと、これは無担保コール翌日物の金利を参考にして決定されます。ですから、コール市場で決まると言っても良いでしょう。

 
これを利用する事によって全体的な金利を調整しようというのが金融緩和の一つの方法です。コール市場で買い上げれば金利は下落しますから、こうすることによって金利を操作することができます。中央銀行が低金利政策を行うときなどには、このようにしてコール市場での操作が行われることによって金融政策が行われます。

 
このようにして金利水準が決定されますから、変動とは言っても政策の影響を受けやすいと言わざるを得ないでしょう。最近では日銀が金融緩和が大規模に行われていますが、これによって金利を低く抑えています。この金融緩和が解除されれば金利は上昇する可能性はあります。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。