スワップ取引を学ぼう

スワップ取引とは

スワップ取引を学ぼう header image 2

固定金利建て借入れのメリットデメリット

2014年11月27日 · コメント(0) · 未分類

固定金利建て借入れのメリットは、金利が変わらないことです。金利は市場によって変化します。ですから、例えば10年後には金利水準が大幅に上がっていることもありえないことではありません。この場合であっても、固定金利であれば、契約したときの金利でずっと返済をしていけば良いわけですから、利息が大きくなることはありません。将来的には日本の国債が暴落すると言われることもあります。日本の国債が暴落すれば一気に金利が上昇することになりますが、固定金利で契約をしておけばこのようなときでも支払う利息が増えることはないのです。これがもっとも大きなメリットだと言えるでしょう。

 
デメリットとしては、金利水準が高いことが挙げられます。変動金利などの他の金利タイプの借入に比べると、全体的には金利が高いという傾向はあります。ですから、最初から支払う利息は大きいと考えられるのです。

 
このようにメリットとデメリットとがありますから、どちらを優先するのかが判断の分かれ目となります。短期的にすぐに金利上昇する事はないと考えられますから、短期間の借入であればデメリットを避けるというのも良い方法です。長期の場合胃は利上げのリスクは大きくなりますから、固定金利は優れていていると言えるでしょう。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。